2010年07月06日

ライトユーザーにも十分に楽しめる

▲バリバリのゲーム用PCになくてもきれいに... ...しかし、やはりそれなりの仕様が必要とされる。 - さっきも少し話が出ましたが、ライトゲーマーでも楽しむというのが本作作品のコンセプトの一つに挙げられていたものです。どのようなコンテンツがライトゲーマーにフックすると思いますか?たとえば、韓国ではクエストだけでも2000、10分程度で終わるように軽いものもあるとの発表会で言及したが、軽いクエストを続けて遊びに行くこともできるのでしょうか? 私達がよく受ける評価として、本作のクエストは、比較的親切になっています。そしてユーザーインターフェイスもわかりやすくなっており、クエストの説明も、NPCの名前をクリックすると、地図上の位置を表示するとか、そのような部分もクエスト時のストレスを最小化します。だからそのクエストをこなすのいつの間にかキャラクターが成長していると考えています。クエストも簡単なクエスト難しいクエストを選択して行くことができるようになっており、世界観を知りたい場合は、ミッションクエストも用意されているが、ハードコアユーザーだけが享受できるようにしていません。ライトユーザーにも十分に楽しむことができると考えています。 - では、プログラミングの質問。この作品は、アクションシューティング『クライシス』などで使われるCryEngineを使用しているのですが、実際の開発作業はいかがでしたか。 シム・マロの最初の初代CryEngine作業を進めており、アートチームの色彩、色や光源などの要求を満足させるために、そしてシューティングに最適化されたエンジンをMMOに最適化するために、カスタマイズして、エンジンコードを改良していきました。データベースCryEngineだが、ある面ではCryEngine2よりも性能が高いなどのグラフィックスをサポートすることができると考えています。 ▲光のにじみ具合が美しい独特のタッチのグラフィックを実現。 - 二つの種族のNPC種族"龍族"が出展する"PvPvE"というシステムについて教えてください。一説には、劣勢の不足を助けるようになっていると解釈されているが... .... 私はそれは少し違います。劣勢の側面を助けるのではなく、完全にランダムです。勝っている側に参加してくることもあり、むしろ両方に参加するか、というよりも、突然出てくるのがキーポイントです。戦略的な部分になると、劣勢ならドラゴン族を相手に攻撃に行くタイミングを開き、攻撃的に変化するなどの方法があります。 - 皆さん、どの種族でプレイされていますか? 私は魔族のシャドウウィングでプレイしています。というのは、私たちのチームのほとんどが天族であることを選ぶてしまって...自分だけで魔族を選択おこうかと、選択した次第です(笑)。 魔族のスピリットウィングを選択します。きちんと本物よりも少し曲がったのが好きなので(笑)。それに近似して、魔族しています。 天族のスペルウィングでプレイしています。ちなみに、韓国では現在、天族がちょっと多くて、中国では逆に魔族がいくつかあります。日本では、どちらのほうが多いが、個人的に知りたいですね。 - では最後にメッセージを。 開発に当たっては、皆が力を入れて気を使って作業をしています。非常に苦労して、正直に言えば、"今までにしないといけないんだ?"と思ったくらいです(笑)。その味苦労や情熱だけに、ユーザーには幸せな贈り物になってほしいです。 私は、ゲームデザインの学校に通っていた頃、毎週ファミ通を読んで、"いつの日かそうしてインタビューを受ける開発者になりたいんだ"と思っていました。それが今回実現しました(笑)。懸命に開発して、感謝しています。 日本でも多くの選手遊んでもらえればと思いますし、世界中でプレイしてもらうことを考えて、いくつかの国のコンテンツを参考にして作成したので、複数の人がプレイするに直接ご意見をいただければ幸いです 。
posted by south7643432 at 15:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。