2010年07月07日

現在のRMT通貨転送手法

RMTは、元のゲームの通貨やアイテムを実際の金銭的に販売しているものであり、基本的にRMT業者と購入者(RMTer)との関係は、販売だけに存在するわけだ。そのため、売り手と買い手の関係は基本的に一瞬で、プレイヤーキャラクター同士が約束して直接渡す、他の購入者が価格を大幅に超える高額で安価な素材アイテムなどを露店販売し、それをRMT業者側が購入する手法が主に取る。この時点で、お互いのメインキャラクターの背景を明らかにしないように、"捨てキャラ"と呼ばれるゲーム内通貨の受け渡しのみのキャラクターを作成し、これによって通貨の交換が行われることも多い。 しかし、最近のゲームのアイテムの流れを監視しているログのRMT行為を検出発見するためのシステムを構築しているゲームも多く、RMT問題化していることは、詐欺行為につながることなど、特別な価格の露店で、他のプレイヤーからの監視の目が難しくなることもあり、RMT通貨転送手法はますます巧妙で複雑になっている。実際にはRMTの取引に使用されるものについては、ゲーム内の通貨をそのまま授受すると、商品の流動性の監視、ログなどの残りやすいので、偽装しているように、露店販売の売り簡単に換金可能な安価な商品や素材を通貨代わりにすることができると地味を使用している場合も見ることができます。また、RMT業者間の競争も熾烈になっている事から、一部のゲームは、ゲームの"ギルド"と"血盟"などと呼ばれる組織をRMT業者が自ら作成して、顧客が組織にインポートすることが顧客の安定と確保を図って、表面上は仲間内での資金金・物資の融通のように見えますが、堂々と販売している人もいる。 また、RMT業者がゲームの世界最先端のいわゆる"廃人プレイヤー"を装っていることもしばしば見ることができます。この場合、ゲームのシステムを利用して、"ギルド""血盟"などと呼ばれるプレイヤーの集団を組織の顧客RMTerをめぐる一方、程度は戦争のアジトの戦争攻城戦など、PvP(プレイヤー対戦)のイベント参加を希望するプレイヤーの組合せが、組織を表面上はRMTとは無縁の"戦争ギルド""戦争血盟"に偽装し、また、この組織でのゲームのアジトの戦争攻城戦など、様々なPvPイベントへの参加、これらの重要な拠点をRMT業者と顧客の組織がBOTなどで稼ぎだした資金力と装備・消耗品の質量のものを言わせて、長期間にわたって独占てしまう場合も見ることができます。 RMT業者の一部は、この拠点に関連するアイテム生産や村の税金システムなどを利用して、さらにRMT販売のための資金を稼いでいたもっと大々的にゲーム内の通貨を販売する仕事を行っている人も存在する。いくつかのオンラインゲームや、特定のサーバー上でのゲームの世界の有力"戦争ギルド""戦争血盟"の過半がこのような業者とRMTerによって組織されたことがあり、または深く結託しているのではないか、他のプレイヤーの間で繰り返し噂される状況も存在するする。
posted by south7643432 at 18:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。